メディバンペイントで漫画を描く初心者が上手くなる方法

漫画の描き方

メディバンペイントとiPad Proを使って描く

今までB4サイズのケント紙の原稿用紙で描いていましたが、

デジタルでの作画、応募が主流になっているので、アナログ

からデジタルに2020年5月に変えました。

なぜiPad Proにしたのかというと商業誌の漫画家の方が

使って便利だというのをネットで見たのとCLIPSTUDIOを

使うと自前のパソコン4GBでは動きが遅いので新たな

パソコンの購入が必要とか液タブの購入も必要ということで、

iPad Proのほうがトータルで少し費用が安いということ

で決めました。

他にも実際に描くためのApplePencilとペン先の

替えを1個、購入。

あとiPadを保護するフィルムも購入。

それからペーパーライクフィルムというのがあるの

ですが店員さんに商品の特性を教えて貰いながら買う

のがいいと思います。

使い心地、耐久性は使う側次第、人それぞれですので、

まず一枚だけ購入して使ってみるのがいいようです。

それからiPad Proを持ち運びする時に便利なスタンド

機能のついた保護ケースもあると便利です。

iPad Prowoを立てて使えるので描きやすいです。

私は、エレコム(ELECOM) iPad Pro 12.9 TB-A20PLWVと

同タイプのものを使っています。

漫画を描くソフトは、CLIPSTUDIOは無料期間を過ぎる

と月額料金がかかってきますので、インストールする

だけの無料ソフト、メディバンペイントにしました。

メディバンペイントを使えるようになるには

私の場合iPad Pro購入当初、高機能がいいだろうと

CLIPSTUDIOから始めてしまい使い方がわからず、本や

サイトで調べても理解できず、月謝9,900円のマンガ教室で

教えてもらいました。

教えてもらうと、なんとその日のうちにデジタル作画が

出来ました。

そこで、費用のかからないメディバンペイントのソフトを

教えてもらいました。

マンガ教室には1年、通いました。

駅から徒歩7,8分の場所にあり基礎コースではオンライン

授業をこれから導入すると言っていました。

オンライン授業のある、漫画教室を探してみるのもいい

かもしれません。

CLIPSTUDIOの取り扱い説明書の本は難しい本を

取り寄せていたらしく、マンガ教室で高校生が

理解できるようなわかりやすい本がいいですよと、

教えてもらいました。

CLIPSTUDIOは、いろいろな機能がついているので漫画を

描くのに最低限の機能を覚えるような本を選んだら

いいのかなと思いました。

例えば、CLIP STUDIO PAINT PRO/EX プロに学ぶマンガ描画

テクニック 平井太朗著 単行本 – 2016/8/9のような。

メディバンペイントに実際にどう慣れていくのか

1,メディバンペイントをインストールして登録して

マイページを作ります。

2,イラストの場合、新しいキャンバスを開き、新規

作成をします。

3,自分の描きたいサイズにして、右上の完了をタップ。

出てきた白い画面を手で触れてちょっと小さくして

レイヤーを下描きに換えてカラーレイヤーにして、

ペンの種類を自分の場合、鉛筆で描いています。

4,下描きの線のカラーはブルーにして描き始めます。

鉛筆の筆の太さを調節。

鉛筆仕様で下描き。

5,レイヤー2にして8bitレイヤーにして、Gペンを選ぶ。

Gペンの太さを調節。ペンの色は黒に。

下描きの線をなぞっていきます。

髪の毛はGペンのサイズを太くして塗る。

ペン慣れするために、普段から万年筆で字を書いて、

ペンで描く感覚をつかんでおくと絵が描きやすいです。

6,髪の毛の光沢は、消しゴムツールを使い細い線で

白く消せるようにします。

髪の毛の艶がちょっと出た感じ。Gペンでさらに

描き込んでいきます。

7,下描きの目のところを消してGペンで描いた線

のみを見ます。

Gペンでさらに細かいところを、描き込んでいきます。

これで完成です。

こうやって白黒でイラストを描き自分の好きなキャラクターを

描いてメディバンペイントに慣れていきます。

メディバンペイントでカラーのイラストを描く手順

手順

下絵

ペン入れ

肌の着色、肌の陰影

髪の毛

背景、という順で着色していきます。

肌の陰を着色しては、ぼかしていく作業を続けます。

下のが、ぼかしのブラシを使っている状態ですね。

最後に背景を塗ったものが冒頭の画像です。

カラーのイラストは、描き始めると完成までけっこう時間が

かかるので、毎日少しずつでもいいので描き続ける、そういう

連続になります。

イラストの着色をしながら、You Tubeのゲーム実況見たり、

流行りのアニメをアマゾンプライムで見たりして時間を効率的に

使うようにしています。

あとは、洋楽や邦楽のヒットチャートを聴きながら、流行っている

音楽を知るというのもしています。

いかにも勉強というより、ながら族ですね。

マンガ教室の様子

マンガ教室はフリーコースで、ある程度漫画を描いたことの

ある人向けの講座です。

同人誌の制作、頒布にあたりTwitter,Pixivがよく見て

もらえるということでそちらに描いたイラスト、

漫画を載せるようにと教えてもらいました。

イラストをレイヤーを使って描くのに慣れてきたら、

4コマ漫画を描いてみたり、オリジナルの同人誌、大抵は

二次制作の同人誌のほうが頒布しやすいのですが、

ストーリー漫画を描きたかったので、主要キャラクターの

絵を描いたりしました。

イラストを描いて、ネームを作ってコマ割りして、

デジタルに慣れていく感じです。

原稿用紙に描いている時に比べて、消しゴムをかける

必要がないのでラクだなと感じました。

描き直すのも簡単です。

失敗で多いのは、レイヤーを間違えて鉛筆下描きのレイヤー

にペン入れしてしまい下描きの線が出てしまう絵が

完成なんてことがあることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました