面白いキャラクターはどうやって作るのか?

漫画の描き方

小池一夫著、「変化と進化のスーパーキャラクター」星海社新書の本が役立つ

人は物語のストーリーに惹かれるのではない。

物語に登場する「キャラクター」に惹かれるのだ。

キャラクターに感情移入して喜怒哀楽を共にする。

物語を追体験する。

見終わっても、そのキャラクターが心の中に棲み着く。

キャラクターのファンが増えて、作家は長生きする。

どんな話を作ろうではなく、魅力的なキャラクターを創る。

そのキャラクターの前に謎を出してやる。

謎をキャラクターは追いかける。

物語は自然に動いていく。

キャラクター・・・他とは区別される性質や、個性を持つ存在。

キャラクターの名前、年齢、職業、顔、身体上の特徴、

持ち物、性格、過去を作る。

キャラクターに謎を与えて動かす。

ドラマを動かす。

漫画を見た人の心を動かす。

主人公と共にドキドキ、ワクワク。

主人公やライバルが織りなす物語に引き込まれ、キャラクターを

本当に好きになっていく。

キャラクターを活かすとは、ファンを決して失望させないこと。

キャラクターの名前、見た目、内面をどうやって作るのか

□「そのキャラクターに直接聞けばいい」。

好きなもの、嫌いなもの、夢、希望、癖いろんなことを

聞いてみる。

□キャラクターの名前は、できるだけ覚えやすく伝わり

やすいものに。

作品のタイトルになるような名前を考える。

□キャラクターの見た目は内面が如実に出る。

表情・・・性格、思想、嗜好、その時の気分が出る。

画で感情をどれだけ表せるか。

特に目の表情が大切。

セリフに頼らず、キャラクターの表情だけで感情を表す。

年齢・・・最初は同年代かそれ以下の年齢で描く。

周囲の人を観察し参考に。

性別・・・ステレオタイプにせず、日頃から人間観察。

性の多様性に注意。

キャラクターの服装・・・その人の価値観、舞台となる

時間と場所の情報を教えてくれる。

体型は、過去の経歴、生活態度、価値観が出る。

傷痕・・・病歴、過去の事件、人物像、現在の物語に

過去の因縁を連れてくる。

過去に関する情報を読者に与える。

□人種、民族のキャラクターを創る時は、全世界が読者だと思う

ように。読者の心を大切に。

□仕草・・・【1】癖、愛すべき弱みにする。

一見近寄りがたいキャラでも、人間臭い、ドジで共感、感情

移入しやすくなる。

【2】仕草、立ち居振る舞い・・・内面の感情、ボディランゲージ、

表情と動作で意思や気持ちを表現。

例:怒りを堪える時、どういう仕草をするのか?

その「キャラクター」の個性が光る仕草をさせる。

【3】技、キャラクターがどういう技術、特技を持っているか。

派手な必殺技、地味だけど職業特有の確かな技術や知識。

読者の知的好奇心を刺激し、知識欲を満たす。

それらの技を会得するには誰かに教わったり、自身が努力を

続けた修行の日々があったはず。

人並み外れた特技を持つ、隠れた過去のドラマを持つ。

【4】喋り方ー言葉とは人そのもの。

キャラクターがどのような言葉を話し、どんな喋り方を

するのか?

一言一言、吟味しながら話す人。

人を傷つけないよう、やさしく話す人。

自分のことばかり話す人。

沈黙を恐れるように軽口を叩く人。

理路整然と、正確な文法の人。

話しているうちにドンドン飛躍して面白くなる人。

方言でも印象が違ってくる。

一人称を私、俺、僕、わし、自分のどれかにするかによって

キャラクターのイメージがガラッと変わる。

【5】アイテム、ファッション。

持ち物ーキャラクターの過去、特技、価値観を表せる。

物にはそれぞれ機能や、イメージがあり、それを持っている

キャラクターにも持たせることが出来る。

服装、髪型ー大抵キャラクターが服装や髪型を自分で選んでいる。

「こうなりたい」「見られたい」キャラクター本人の価値観や

考え方、性格、家庭環境、経済状況が表れている。

メガネ、サングラス、アクセサリー、靴・・・キャラクター

のらしさが表れる。

【6】キャラクターの内面はキャラクターの行動、セリフ、

反応で見える。

□オーラとカリスマ性

主人公とライバルは正反対の考え方や価値観、性格を持ち

それがぶつかり合うことでお互いに引き出して合う。

□弱点と欠点

屈強なヒーローでも「そこを狙われるとまずい!」と、

読者をハラハラさせる。

□願い、夢、目標ーその人の価値観をストレートに表す。

願望ー物語の行く先になる。

そのキャラのしたいことがわかると、同時に「決してやらない

こと」もわかる。

大きな願いはキャラクターの向かうべきところを決定づけ、

小さな願いは日頃の行いを決めていく。

□好き嫌い、趣味

好き嫌いは原因、過去のドラマを想起させる。

趣味はその人の価値観を表す。

見た目からの意外性、苦手なものがあると、インパクトの

あるキャラになる。

□信条、信念

そのキャラクターが行動の指針とする考え方。人生観。

主人公の信条は、作品のテーマに直結。ブレないように。

□謎、秘密

キャラには謎が必要。

物語はキャラが謎を追うこと。

読者に謎を投げ、それをキャラが解き明かすことで、見る

者は快感を得る。

□過去、生い立ち、来歴

子ども時代、親兄弟、どこで生まれ育ったか、

どういう家系か

キャラの過去が現在の状況、価値観、信念、目的を作って

いる。

結論

この本では物語の先導役のキャラクターの作り方、コンビの

キャラクターの作り方、大勢のキャラクターを起てる方法

についても書かれていますので、読んでみてください。

キャラクターの日記を書くつもりで、セリフや行動を描く。

キャラクター作りで大事なのは視覚的に見てかわいいこと。

作者が考えなくても、喋ったり動いたりするキャラクターを

作る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました